フォトグラファー・松本紀子さんが伝授!ペットのかわいい撮り方

「自然光をうまく利用する」

 蛍光灯の光やフラッシュ機能は陰影が激しくなるのでなるべく避けて、自然光をうまく利用するといいでしょう。窓際などがおすすめです。直射日光は陰がくっきりと出やすいのでなるべく避け、日陰で撮影したり、曇りの日に撮影したりすると優しい印象の1枚が撮れます。

 背後から光が当たる逆光で撮影すると、全体的にふわっと柔らかい雰囲気になり、毛並みもキレイに、輪郭も光って見えます。ただし、顔が暗くなりがちなので、顔にピントを合わせて明るさを上げて撮影するとよいでしょう。暗くなる特性を活かし、シルエット写真のような表現も楽しめます。

横からのサイド光は、左右どちらかに影が出るので立体感が生まれ、メリハリのある表現になります。

ペットの顔に光が当たる順光なら、適正な露出で撮影でき、パキッと色鮮やかな仕上がりに。

黒猫、白猫を撮るコツは?

黒猫が白っぽく写るというお悩みもよく聞きます。これはカメラの特性上、黒い塊にピントを合わせると白くしようとし、逆に白い塊にピントを合わせると黒くしようとしてしまうからです。周囲のもの(すぐ横にあるものなど)にピントを合わせると、割と自然な色で撮影できます。

目線を下げる

人間目線で撮るのもかわいいですが、人間と同じようにペットも同じ目線まで下げて撮ると、イキイキとした表情を捕えることができます。ローアングルも迫力が出ます。

構図を意識する

雰囲気を重視する方は、カメラの世界でよく言われる「三分割構図」(被写体を中心に置かず、上下左右にずらす)で撮影を。ペットなら、「日の丸構図」(被写体を中心に置く)で顔をアップに写してもインパクトがあってかわいいですよ。

リラックス状態で撮る

ペットなら、飼い主さんとの信頼関係も深く、さまざまな表情や仕草を見せてくれると思います。私の場合、外出先で偶然会った猫を撮影するときは、どんどん話掛けます。すると、最初は警戒していたのが、少しずつ心を開いてくれるかのように撮影に応じてもらえます(笑)

これが正しい!という正解はありません。撮りたいイメージや好みに合わせてチャレンジしてみてください。

松本紀子さん
フリーカメラマンとして活躍中。県内を中心に写真講座も開催

報告する