93歳のフォトグラファー 西本喜美子写真展LIFEWORK
まなぶ

93歳のフォトグラファー 西本喜美子写真展LIFEWORK

日時:2021年8月28日(土) ~ 10月3日(日)
   9時30分~17時(入館は16時30分まで)
   休館日:月曜日(9月20日は開館)
場所:新見美術館
   新見市西方361
   JR新見駅からタクシーで5分・徒歩で約10分
   中国自動車道新見インターから約7分
   無料駐車場あり(乗用車30台・バス2台)
参加費:一般 800円 大学生・専門学校生 500円
    中高生3 300円 小学生200円
 ※障がい者手帳などをお持ちの方は半額
 ※新見市内の小中学生は観覧無料、
  高梁川流域パスポート提示の小学生は土日祝休日は無料
内容
・熊本に暮らす西本喜美子さんは、93歳となる今も現役のフォトグラファーです。
 昭和3(1928)年に両親が農業指導をしていたブラジルで生まれ、8歳で帰国。
 女学校、美容学校を卒業したのち美容院をはじめますが、
 全国を巡業する弟達の後を追うように競輪選手の道へと進みます。
 結婚を機に27歳で引退してからは子育てとパートタイムとに力を尽くし、
 息子が主宰する教室で写真を始めたのは72歳になってからでした。
 70代半ばでパソコンを購入、編集ソフトを駆使したデジタル写真や
 人目を引くポートレートが80代で大きな注目を集めます。
 本展では、西本喜美子さんの写真約100点を紹介します。
 ユーモアあふれる自虐写真をはじめとする喜美子さんの世界をお楽しみください。
・西本喜美子写真展関連イベント延期のお知らせ
 西本喜美子さんと一緒に自撮り 延期
 西本和民(写真家・遊美塾主宰)写真教室 延期
 西本喜美子さんサイン会 延期
 西本喜美子・西本和民トークショー 延期
・新型コロナウイルス感染予防お客様へのお願い
 ※感染が拡大している国・地域及び都道府県にお住まいの方、
  また過去2週間以内にこれらの場所への訪問歴がある方は、
  ご来館をご遠慮くださいますようお願いいたします。
 ※体調が悪い方はご来館をお控えください。
  サーモグラフィによる体温の確認によりご入館をお断りする場合がございます。
 ※ご入館の際はマスクの着用と手指の消毒をお願いいたします。
 ※入館にあたり緊急連絡先のご記入をお願いいたします。
 ※混雑状況はツイッター、お電話にてご確認いただけます。
  混雑した場合、ご入館をお待ちいただく可能性がございます。
  大人数でのご来館はご遠慮くださいますようお願いいたします。
・お問い合わせ先 新見美術館 0867-72-7851
https://www.city.niimi.okayama.jp/usr/art/

報告する

投稿者

岡山市

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。